セルフカットの準備


セルフカットの準備として第一に挙げられるのが、まずはシャンプーです。
髪にワックスやスプレーなどがついている状態だと、何も付けない時と比べ、整髪されているので髪が長く見えてしまう場合があります。
シャンプーをすることで髪を元に戻し、そして柔らかくして切りやすくすることも出来るので、セルフカットを始める前に髪を洗ったほうが良いです。
次にいきなり切り始めるのではなく、イメージを掴むことも大切です、ピンで留めたりして、ある程度の出来上がりの髪型を想像しましょう。
こんな人はいないと思いますが、何も考えないで始めてしまうと失敗の大きな原因ともなります。
ヘアカタログなどを参考にし、自分がやってみたい髪型を探しましょう。
もちろん、素人がセルフカットするわけなので、ヘアカタログに載っているとおりに出来るという訳にはいきせんが、何度もセルフカットするうちにコツが掴めてくると思います。
最初から完璧にプロ並みに出来るほうが無理なので、ある程度の失敗覚悟でやってみましょう。 後ろ髪を切る時のために合わせ鏡は必需品です、準備しましょう。
切り始める前は髪が長い人であればブロッキングするのが基本です、髪を少しずつ分けてヘアゴムやヘアピンを使って留めます。
ブロッキングのしかたは、まず耳の上から顔側に向かって左右一つずつ、後はつむじから軽く一束、その下から耳の上くらいまでに左右一つずつといったように細かく分けます。
切る時はまとめていない襟足部分から切ります。
どうしてもうまくいかない場合もありますので、カットバサミやすきバサミを上手にに使いましょう。
また、ブラッシングするだけで勝手に髪が切れるヘアカットブラシもありおすすめですよ。




Copyright © 2015 自己流散髪(セルフカット) All Rights Reserved.