セルフカットの髪型を考える


セルフカットがうまくできるためには、しっかりとした完成型のイメージを想像することが大切ですね。
インターネットを利用すれば、美容室のホームページなどでヘアカタログが公開されています。
髪の長さから理想のヘアスタイルを検索出来るサイトも多いので、自分がどんな髪型にしたいのかをしっかり選びながら考えましょう。
大事なのは自分に合うかどうかですね、そのためには、自分と顔立ちが似ているモデルさんの髪型から検討するのがおすすめです。
「髪型が似合わない」と言われるように、顔立ちによってはどうしても似合わない髪型と言うものがあります。
掲載されているモデルさんは髪形が合って当たり前ですが、自分がやった場合に似合うかをまず考えましょう。
髪形をイメージして、セルフカットで実際に切り始める前には、どこをどうしたらその髪形に近付けるのかを考えます。
ハサミを手に持ったらすぐに切り始めるのではなく、ここまで切る、といったようにイメージだけでハサミを動かしてみましょう。
長かった場合はまた切って調整することが出来ますが、短くしてしまった場合は後戻り出来ませんから。
セルフカットの失敗として代表的なのが切りすぎですので、これを防ぐためにも必ず、少しずつ切るようにてください。
セルフカットにまだ慣れてない人は、難しい髪型には挑戦しないことをおすすめします。
見るとかっこいい髪型はたくさんありますが、それがセルフカットで出来るのかは別問題です。
難しい髪型に挑戦するのはある程度自分で切るのに慣れたと実感してからにしたほうが、失敗する確率が減ります。




Copyright © 2015 自己流散髪(セルフカット) All Rights Reserved.