セルフカットで髪を軽くする


まだ髪を切るほどではないけれど、少し気になる場合は、髪を薄くするというのもおすすめです。
セルフカットで動きのある髪型にするとか、長さを変えるということは初心者にはなかなか難しいことですが、薄くするということはさほど難しいことではありませんので、自分でセルフカットしてみてはどうでしょうか。
失敗を少なくするためのおすすめの方法があります、それは、表面部分の髪を薄くしないことです。
つまり、普段から髪を降ろした状態で見える部分は切らずに、内側のみを切ります。
こうすることで、変にはねてしまったり、失敗した場合にもそれほど目立ちません。
やりかたとしては、すきバサミを用意し、髪をブロッキングします。
襟足をはじめとし、ブロッキングした髪を少量ずつおろして厚さが均等になるように少しずつすいていきます。
すきバサミは、ハサミがギザギザになってはいますが、一度に強くハサミを入れると段が目だってしまうこともありますので、ハサミを動かしながら少しずつずらして切るようにしましょう。
一度に薄くしようとすると、やりすぎてしまう場合もあるので、ある程度すいたら全ての髪を降ろし、全体のボリュームを確かめます。
その後もっと薄くしたいと感じたら、再度ブロッキングから繰り返すようにしましょう。
すきバサミではなくカットブラシを使う場合も同じようなやり方でやるようにします。
セルフカット用に販売されているカットブラシにもいろいろな種類があるので、初心者の人は切れすぎないものから試してみるといいでしょう。




Copyright © 2015 自己流散髪(セルフカット) All Rights Reserved.