セルフカット失敗の調整のし方


プロがやるのと違い、素人が技術を持たずに行うのがセルフカットなので、失敗してしまうこともあります。
始める前に万が一失敗してしまった時のことを考え、変になった時のごまかし方を考えておきましょう(難しいことですが)。
ワックスを使って髪の毛をまとめるのもおすすめです。
例えば少し切りすぎてボリュームをなくしてしまったところに、周りから髪の毛をもってきたり、長さがばらばらになってしまったものをランダムに散らしてみたりといった対応が出来ます。
髪の量がある程度あるのであれば、分け目を変えることで失敗した部分を隠すことが出来る場合もあります。
ロングヘアの人がほんの数センチだけ切ろうと思って始めたのに気付けば大きく切ってしまって大失敗した場合、思い切ってショートカットにするという手もあります。
他の髪型にすることによってごまかすことが出来るのであれば、イメチェンをしてみてはどうでしょうか。
更に、自分では大きな失敗だと思っていたとしても、他人から見たらあまり気にならない場合もあります。
しかし気になるならば、しばらくは帽子をかぶるなどするといいでしょう。




Copyright © 2015 自己流散髪(セルフカット) All Rights Reserved.